FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

気ままにDIYな生活

何でも作るのが好き、直すのがすき、料理が好き、バイクが好き、釣りが好き、と気ままにDIYを楽しんでます!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

ウッドデッキ塗り直し&ラティス改良 

ウッドデッキの保護塗料は通常1年~2年毎に塗り直すと長持ちします。

我が家のウッドデッキはメインデッキ部分に屋根をつけたので雨にさらされず木が傷みにくい反面、雨で洗われないために、汚れがたまりやすく、また、清掃しにくいラティスの裏部などにコケが生えてきました。

HI3G0263.jpg HI3G0264.jpg

さぼっていましたが、重い腰を上げてウッドデッキの塗り直しをすることにしました。

まずは、塗るのに邪魔になるラティスを取り外し。ウッドデッキ全体をデッキブラシで水洗い。完全乾燥させるために、初日はこれで終了。

HI3G0265.jpg HI3G0266.jpg

2日目にウッドデッキの塗り直しです。塗る塗料は最初の組み上げと同じ「インウッド」を使いました。普通の刷毛を使うとタレやムラが多くなるので、ウッドデッキの場合は雑きんを丸めて使用したほうがキレイに早く仕上がります。

inwood_1gal.jpg デッキ塗り

HI3G0267.jpg

合計2回の塗り直しでツヤがでました。キレイになったでしょ!

で、せっかくラティスを外したのだからついでにラティスの改造をすることにしました。今までは壁全面にラティスを貼っていましたが後ろの掃除が出来ないことと、外して分かったのですが、下が開いているほうが開放感がぜんぜん違います。ラティスの下半分をカットして上だけ隣との目隠しに使用することにしました。

まずはラティスをジグソーでカットしていきます。格子部分はフレームを入れるので短めに段違いにカットします。

HI3G0282.jpg HI3G0284.jpg

カットしたらフレームを入れなおして完成です。

HI3G0285.jpg

だいぶすっきりして広くなった気がします。ちょっと面倒でしたが良くなりました。
スポンサーサイト

Category: ウッドデッキもDIY

Thread: Do It Yourself

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

我が家のウッドデッキ番外編”洗濯機小屋”製作 

私の趣味のひとつはオフロードバイクに乗ること(あまり行けてませんが。。。)

そこで問題になるのが、雨が降れば泥まみれ、、晴れた日でも埃まみれのオフロードウェア。。。

かみさんは家の洗濯機を使わせてくれないので、外に古い洗濯機を置いて使っています。

カバーはかけていますが電気製品を外に置きっぱなしというのもどうかと思い、小屋を製作しました。

洗濯機専用の小屋の名目ですが、いずれ、DIYでガレージを作るための練習と思い、2×4工法での組み立てです。洗濯機は縦型ドラムなので、上開きが必須条件。。屋根が蓋になるように設計しました。

小屋のサイズは洗濯機が入る寸法を内径として最低限のサイズとしましたが、今回はエクセルで設計図を書くのも面倒なので、メモ用紙にアバウトに書き、後で現物あわせで製作していきました。

DVC00519.jpg
こんなんでええんやろうか!?

骨組みの2×4材はウッドデッキの余材を使用。壁板はB級のフローリング材をセットで購入。雨さらしとなるので、天井用の波板と専用釘も購入しました。

DVC00520.jpg

まずは枠組み作りから。2×4材を組み合わせてコーススレッドでどんどんつなぎ合わせていきます。
後ろから前に向かって傾斜となっているので後ろ側の柱は少し長めとなっています。

DVC00521.jpg DVC00522.jpg

枠が出来たら床張りです。今回は2×4材をカットして並べました。

DVC00523.jpg

次は背面から順に壁を張ります。フローリング材なので、側面の凸と凹を合わせて木槌で打ち込み、1枚ずつコーススレッドで止めていきます。前面は扉となるので左右と背面に壁板を貼りました。

DVC00524.jpg DVC00525.jpg

前面は洗濯機小屋なので当初は壁板を貼るだけのつもりでしたが、ガレージの練習ということもあり、扉をつけました。これで洗濯機の故障などで入れ替えるときにも楽になります。

DVC00531.jpg

次は屋根作りです。屋根は前から上へ開けるように、奥に蝶番をつけるので補強を入れています。屋根の枠は2×4材を使い、ベニヤ板を貼ったさらに上に波板を貼り付けました。アスファルトシングルも検討しましたが、値段が高いのと排水性を考慮してビニールの波板としました。

DVC00532.jpg DVC00533.jpg

DVC00534.jpg DVC00536.jpg

壁には防腐保護塗料を、屋根は可愛く赤色で仕上げました。

なんとなく小屋っぽくなったでしょ!

洗濯機のためにここまでする必要があったのかは分かりませんが、この工程で普通に物置も作れますし、将来のガレージ製作に向けたよい練習になったと思います。

Category: ウッドデッキもDIY

Thread: Do It Yourself

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

我が家のウッドデッキ~第4期製作~ 

第3期工事まで行い、もうスペース的には充分な大きさとなったウッドデッキ。
バイクの整備や、バーベキュー、洗濯干しと活用されていましたが、第1期の製作前から作りたくても見合わせていた工事があと一つ残っていました。パーゴラ(屋根)の製作です。

バイクや自転車の整備が雨でも出来るように作りたいと考えていました。(カミさんは雨でも洗濯物が干せるようにともくろんでいたようですが・・・)

最初はデッキ全体に屋根を・・・とも思いましたが広すぎるので予算と時間のこともあり、第1期工事部分の3m×3mのデッキ部分で設計しました。

ウッドデッキ屋根見取り図

まず、問題は柱をどうするかという事でした。今のデッキの上に柱を追加で立てる方法が簡単ですが、耐久性となると疑問が残ります。耐久性から見ると、今のデッキを一度解体して基礎から柱を立て直す。これだとめんどくさいですが、デッキ全体が構造体として支えてくれるのでこちらのほうがベター。覚悟を決めて後者を選択しました。

立てる柱は家側2本と塀側4本の6本。これをすべて基礎から組みなおしました。耐腐食のSPF材で安く仕上げましたが、柱には4×4材、屋根部分は2×6材となるためこれまでのデッキ部分の増設並みに金額はかかりました。また、屋根にはポリカーボネイトの波板を貼り、雨どいもつけることとしました。

デッキの解体で1日、柱の組みなおしで1日、パーゴラ作成で1日、屋根(ポリカーボネイト&雨どい)で1日と、合計4日間の作業となりました。解体から入ったのでさすがにしんどかったですが、柱は揺らしてもしっかりとしていてびくともしません。やっぱりちゃんとせないかんですね。

ウッドデッキ屋根6 ウッドデッキ屋根5

今回は、屋根と言う事でシンプソン金具を使い補強を行いました。

ウッドデッキ屋根4 ウッドデッキ屋根2

屋根には、洗濯物を干すための金具や針金をつけました。また、自転車の整備では上から吊り下げられるのでとても便利です。

ウッドデッキ屋根3

デッキはもうこれ以上増殖することは無いでしょうが、そろそろ、保護塗料の塗りなおしをしないといけない時期です。

がんばろ!

Category: ウッドデッキもDIY

Thread: Do It Yourself

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4   

室内ブランコ製作 

レジャーチェアのシート生地を利用して、室内で遊べる子供用のブランコを作りました。

ブランコ正面

レジャーチェアのシート生地は補強された穴や、椅子に最適な形状となっているためこれを利用すれば簡単にブランコが作れます。

必要なのは、レジャーチェア(ホームセンターの千円程度のもので充分)と、木材、ロープです。座ったときに体が折れ大きく曲がらないようにするために木材を使用するところがポイントです。海外のサイトで同様のハンモックを見て参考にさせていただきました。

ブランコ

我が家では鴨居の部分にクランプを固定して、クランプにカラビナをかけてつるしています。構造上では丈夫に作っているので、ウッドデッキにつるせば大人でも座れそうです。

ブランコ上


翔ちゃんはこれに乗るとすぐに寝てしまいましたが、ちーちゃんは乗りたがるのにすぐ飽きる。誰に似たんでしょうか??

Category: ウッドデッキもDIY

Thread: Do It Yourself

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

我が家のウッドデッキ~第3期製作~ 

第2期では寝室から通じるウッドデッキを作成しましたが、このためにバイクを置くスペースがなくなってしまいました。バイクは私の魂でもあります。しばらくはメインデッキに置いていましたが、狭くなり圧迫感があります。
やっぱりメインデッキは広々と使いたい!!

ちょうど、バイクを「YAMAHA TT250R」から「GASGAS EC200 HOBBY」に買い換えるのにあわせて、バイクスペース用ウッドデッキの追加作成を行いました。

イメージはこんな感じ!

ウッドデッキ第3期イメージ

ウッドデッキ③が今回の追加工事です。
毎度のことながら、前回のエクセルで作った基礎図面に設計を追加して予算を計算します。

今回は前回からの持ち越しの余材が多かったので、約2万円で作れそう。
カミさんと交渉したら、「メインデッキにバイクがいると邪魔だから作っていいよ!」と一発OK!

☆基礎図面


ウッドデッキ第3期基礎図

☆板貼り図面


ウッドデッキ第3期板貼り図

作成中の写真を撮っていなかったので、いきなり完成後(現在)の写真です。
第3期製作では、第1期と同様に花壇の土部分に土台を作る必要がありましたので、土台作りで1日、基礎(根太)~板貼りで1日の2日間で完成しました。

ウッドデッキ第3期出来上がり 

バイクはちょうど木が覆いがかぶさってほとんど雨に濡れませんが、バイクカバーでガードをしています。

ついでにデッキ作成の余材を利用して、こんなごみ箱台と、デッキから裏庭へのステップも作りました。

ウッドデッキ第3期ごみ台 ウッドデッキステップ

これで大分便利になりましたね。

もう、デッキを作ることは無いかな~と思っていましたが、、、、、 次回へ続く

Category: ウッドデッキもDIY

Thread: Do It Yourself

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。