FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

気ままにDIYな生活

何でも作るのが好き、直すのがすき、料理が好き、バイクが好き、釣りが好き、と気ままにDIYを楽しんでます!

 

おすすめしたい本”サクリファイス” 

近藤史恵さんの自転車レースの単行本”サクリファイス”を読みました。
サクリファイス


ちょっと最近自転車レースの本に凝っているので、妹が薦めてくれました。

自転車のロードレースをしている主人公が、チーム内のいろいろな思惑の中で、エースを勝たせるためにチームの中で働き、そして落車事故により思わぬ事実が分かり、そしてそれを乗り越えて成長していくといった内容です。チームで戦う自転車レースの描画が絶妙で、引き込まれる文書力に感服です。

今年のツール・ド・フランスは先日終わりましたが、自転車(ロードレース)のチーム戦は分からない者にとってはとても難しいです。チームにはレースに勝つためのエースがいて、それを支えるアシストが数名います。自転車ロードレースでは勾配にもよりますが、時速40km~50kmで走ります。当然、前を走る選手は風をモロに受けるために疲労が激しくなります。逆に後を走る人間は同じスピードで走っても足を温存することが出来ます。アシストはエースを勝たせるために、前を交代で走りながら、エースが飛び出して勝負をかけるまで引っ張ります。その段階でアシスト役は足を使い切るので自分は順位を落とします。また、時にはエースがパンクなどトラブルの際には部品を提供します。車のパリ・ダカールラリーなんかでも同様に有力チームなどでは、同じ車両でいつでも部品交換をできるアシスト選手がいますね。

スポーツのチーム戦ではおそらく同様に役割がありますが、戦略の世界でも将と参謀の関係があります。将は当然部隊の責任者であり、参謀は将が方向を決めるための戦略・戦術を決めアシストを行います。古い日露戦争の話ですが、日本軍(満州軍)の総責任者は大山巌、参謀長が児玉源太郎でこの2人がそれぞれの役割を認識し信頼し、まっとうしたからこそ約10倍の軍事力を持つロシアに勝つことが出来と思います。

話はそれましたが、この”サクリファイス”はアシストとしての自分の立場を全力で戦いながら、アシストとして海外チームにスカウトされるまでに成長していきます。続編の”エデン”ではヨーロッパが舞台ということなので楽しみです。

ちなみにこの”サクリファイス”は文庫本も今年出ているので読んでみたい方はこちらもおすすめです。
スポンサーサイト

Category: ちょっといいモノ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://diylife88.blog130.fc2.com/tb.php/52-db6c8b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)